プロフィール

nache8393(まぐ)

Author:nache8393(まぐ)
インテリアや改造、何かを我流にかえるのが好きな、三十路兼業主婦です。主婦業をおろそかにし、だんなに暖かい生温い目で見守られながら生きながらえています。好きなインテリアにこだわりはなく、直感で生きています。リンクフリーです。

Visitor
seeing
現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全然インテリアとは関係ない、ながーい話

落ちた…悲しい泣

今、渾身の文章を打っていたのに落ちました。ありえねぇ。


今日の私は書きたいことがあるので、負けません!

きょうは、インテリアとは全然関係ない話。
幼稚園や保育園にお子さんを入れたいと考えている親御さんなら興味がわくかなぁ。

私は幼稚園で働いてるんですが、今月末で、今の職場を辞することにしました。

今の職場は本当に過ごしやすいところでした。
同僚とも楽しく平和で、良い職場だと思っています。

何よりも本当に楽でした。
仕事が少ない?少なくはないか。
適量。ほんと適切な量でした。
無駄な仕事が殆どなかった。

親御さんからすると、職員が楽してるなんてって
あまりいい印象は受けないかもしれませんね。

確かに、目立った面白味もない、真新しい何かもない、
目を引くようなことは、正直なに一つしていない。
保護者目線からしたら印象の薄い園でしょう。
その辺も、職員は自覚してますw

普通のことを、普通にしているごくごく普通の幼稚園ですが、それでもよければ考えてみてね、という後手後手な控えめ園です(笑)


私が最初に勤めていたところは、
行事は盛りだくさん、毎年毎年違ったイベントをする、
お勉強もするし、マーチングもする、そんなところ。
日々の行事や保育の準備はもちろん、
給食費の管理やらの事務的なもの、
毎日の連絡帳、子ども一人一人に関する◯◯通信的なもの、
預かり保育の当番になると、これらの仕事が全部後回しになり、
帰りが9時10時は当たり前、最高は夜中の1時…

まぁとにかく、そんな職場だったのです。
ポンコツ教員の私は、すぐにキャパを超え、
原因不明の鼻血が止まらない時期もありましたw

子供達の顔と名前はもちろん覚えていますが、
そこまで細かく一人ひとりのことを
親御さんに報告する余裕もなかったですねぇ。今思うと。
とにかく、日々過ごすことでいっぱいいっぱいでした。
一年目のクソ新人だったこともありますが、
正直苦い記憶です。

前の園は、市内で二つしかない私立幼稚園のひとつで、
仕事内容がハードなのは保護者の間でも有名でした。
まぁ、夜中になっても園の明かりが点いてたら、ねぇ。
なにやってんだ毎日毎日こんな遅くまでってなりますよね( ̄▽ ̄)

ただ、やはりウケはよかったんですよね。
保護者にとっては、子どもたちのために職員が頑張っているていうのがわかる機会、つまり大きな行事が沢山あったから。

「先生たちが毎日遅くまで頑張ってるおかげで、子どもたちがとっても楽しそうだよ。ありがとう」
そんなことを言われたこともあります。とても嬉しかったです。
でも、そんな嬉しい言葉って、ときに人の感覚を麻痺させることもあるんですよね、きっと。
もっと頑張れば、また喜んでくれる。
そうやって、行事の度に神経と体力を擦り減らしながら仕事をする。

この職業は、そういうもんなのだろう。

私はそれが嫌で、その職場をやめました。
これ以上すり減るような神経も体力もなかったのです。
向いてないとも思いました。
まぁその思いは今もあるんですけどねw


子どもたちにいろんな体験をさせてくれるっていうのは、
いいコマーシャルになる、とは思います。

多少教員生活を経験した今なら、
一年目ほどのドジは踏まないだろうし、仕事もそれなりにこなせるようになるのかもしれませんが…

でも、私は戻りたくはないのです。あの職場には。
同期はもう一度仕事がしたいと思う
大切な仲間だったとは思いますが。

いろいろなものの杜撰さを目の当たりにしていることも理由の一つです。

実体験が主となる現場において、書類関係が後回しになる、というのはわかりますが、それにしても、その職場の書類管理はあまりに杜撰すぎました。

今考えると、ドン引くほど杜撰でした。
書類管理が後回しになってしまうほどの忙しさでしたからねぇ。
無理もないですが。


話を戻すと、今の職場には、前の職場ほどのコマース力はありません。
どこにでもある、普通の、ゆるーい時間が流れる幼稚園です。

しかし、職員は楽しく働いているし、決して無理はしていないです。
仕事はきちんと分化されて、お金や書類の管理はすべて事務の方で
行ってくれるし、担任はその分、クラスの子どもたちに目を向けられます。

なにより、助け合いの精神があるというか、互いにフォローし合うという、当たり前のことが普通に出来る、そういう職場です。

発表会時期はそうはいきませんが、
それでも遅くまで残ったとして8時くらい。
それ以降になってしまうことは殆どありません。
それも、事務の先生のおかげです。ありがたい…(T ^ T)

中には、残業をしてはいけない園もあるので、
仕事を持ち帰るケースもよくあります。
しかし、今の職場はそれも殆どありません。

仕事に余裕があるから、子どもたちにも笑顔を向けられる。

プロの保育士なら、甘ったれたことを言うな、
どんなに忙しくて辛くても、
子どもの前で笑顔なんか当たり前だろう。

そういう方もいるでしょう。

でも、保育士、幼稚園教諭である前に、人間なのです。
幼稚園教諭として働き、給与をもらうために就職をした
いっこの人間です。

子どもたちひとりひとり命を預かり、
楽しく園に通ってもらうためにはどうしたらいいのかを毎日考える。
それだけを考えられる職場。
それってホントに、この職にとっては理想的だと思うのです。

今の職場はそういう職場です。
保護者のみなさんにとって、真新しいことも、珍しいことも、
目を引くことも、やってはいないかもしれませんが、
職員は皆真剣に、そして、楽しく働いています。
普通のことですが、書類の細かいチェックをしてくれる人もいるので、
落ち度もないです。

どんな職場状況で満足できるのか、
それはひとりひとりが違います。
私の前の職場のようなところで働きたい人もいれば、
そうでない人もいるでしょう。

ただ、今の職場は、教員にとっては
ものすごいいいところだっていうのが、
保護者にはあまり伝わってないのだなぁというのに対して、
そして、悪い評判を未だに信じておられる保護者の方に対して、
辞める前に
そんなことないぜ、うちの園、けっこうしっかりしてんだぜ、
頑張ってるんだぜってのを伝えたかった。

私だって、周りの園がいったいどんなことをやっているのか知らないので、大きなことは言えませんが。

印象は薄いかもしれませんし、教員の印象も薄いかもしれませんが、
チームワークはあると思います、うちの園。


もしも、これから園に入ることを検討されている保護者の皆さん。
これはあくまで教員側の意見です。
保護者にとってより良いものと、働く側のニーズって、一致することは少ないのかもしれません。

でも、それが一致するのが、私の理想。
保護者の意見も取り入れて、でも先生たちは全然無理なく働ける、そんなところ。
なかなか難しいとは思うけど、みんなが楽しくワイワイやれるのが、
一番いいよねって思うのです。
理想ですよ、りそう!
今の職場はその理想とまではいきませんが、それが実現できそうな職場だとは思います。

よいしょし過ぎたかな(笑)
文句言いたいこともあるんですけど、そこは個人的に聞いてください(笑)
今のスタッフは、粒ぞろいですよ☆


その上でどうか、ご検討くださいね(笑)


なんでこんな長い文章を書いたのかって、
回顧録です要するに。
辞める前に、思い出と理想を振り返ってみた、拙い記録です。


あー、長かった。
一読して頂けたら、幸いです。ってか、ごめんなさい。こんなダラダラした文章を。









来週は卒園式。





私も卒業です。










読んでくださり、ありがとうございました!
スポンサーサイト

COMMENT

No title

まぐさん、おはようございます♪

保育士さんをされてるんですね!
はじめてしりました♪

うちの長男が年少さんとして、
幼稚園に通ったところなので、
興味深く読ませていただいたとともに、
まぐさんの新人時代の苦労に
胸が痛みました。。

私は・・・職員さんや先生方が
夜中まで働いて、
行事をたくさんやって。。ってことに
すごい!と思うよりは、「休んでください。。。」
って思う方なんです。。

いくらこどもが好きで始めた仕事とはいえ、
休むことも大事な仕事だし、
しなくていいことまで細かくする必要はなくて。。
オンオフをはっきりつけて働く権利があると思うんです♪
なので、少しでも、「働いてもらって当然!」と
思う人が減るといいな、と思ってるんです。

まぐさんのような働く幼稚園。
地味といいますが、それも立派な魅力ですよ!

卒業されるんですね。。
泣いて止めるお子さまがきっといらっしゃいます。

それがまぐさんががんばった証拠ですね♪

晴れて桜が満開になりますように。。

No title

まぐさん、お仕事辞められるんですね。お疲れ様でした。
先日は相談にのって頂いてありがとうございました。
私は、断然のんびりした幼稚園の方が好きです〜。近ければまぐさんとこに入れたいくらいです。先生方も楽しく働いているなんてとっても素敵ですよね。
うちは、春から候補の二つの幼稚園に参加して合う幼稚園を探そうと思います。ゆっくり焦らず...に決めました。

涙涙の卒園式ですね。頑張った証、いっぱい泣いちゃって下さい!お疲れさまでした!

★emiさん

うわぁ、コメントありがとうございます!
うぅ、嬉しいー/ _ ;
保護者の方からの暖かい言葉に弱いのです。

幼稚園は保育園とちがって、
言ってしまえば人気商売みたいなところもあって、
いろんな特色を打ち出したり、アピールしている方が
わかりやすいんですよね。

ただ、内部の人間はそれだけ苦労も多いわけで…(^^;;
そこであくせく働いていた私は、今の職場にきて、
大切なものってもっと根本にある一番シンプルなものなんだということを
教わった気がするんです。
ありがたかったですねぇ。

もちろん、今の職場も、何もなかったわけではありませんが、
それでも、私が務めていた間は平和であったと思います。

emiさんのように優しいお声をかけてくださる方が保護者の中にいると、
ほんとに励みになるんです。
だから、続けてこられたというのもあります。

なんだか自分も最後なんだと思うと、
今年の卒園式はいつもより泣いてしまいそうですw
泣いて止めるコ、いてくれるかなぁww

★らりさん

コメントありがとうございます!!

いえいえ、ただただ長ったらしいメール送っちゃってごめんなさい/ _ ;
回答になっていたでしょうか…。

私もー、自分自身普通の幼稚園に通っていたので、
ガチガチの行事ばかりの園を特別魅力的にはあまり感じません。
寧ろ、自分が勤めてしまったことで、悪いイメージがつきましたw

私は、自分の子どもは視野を広げるためにも、
今の職場以外のところ選びたいなぁと思っています。
やっぱり、のんびりしたところを選びたいかな。

教員、自分のプライベートな時間をキチンと確保出来るのって、
大切なことだと思うんです。

それが出来た今の職場は、いいところだったなぁと改めて思います。


椅子の発送、準備をしておりますのでもう少しお待ちくださいね!
遅くなってごめんなさい〜~_~;

No title

こんばんは☆こんな時間に遊びに来ちゃった。

私、すごく良くわかります。
私ではないけど、姉が私立幼稚園の先生をしていた時、
良い所も悪い所も見てきたので。

毎晩夜中に電話してくる親。
自分の子供しか見えない人。
ネガティブな事ばかり気にして言いふらす人。

いろんな人がいた。

姉はストレスで体と心のバランスを崩して
お仕事辞めましたけど、見ていられなかったです。

まぐさんの体調不良我慢しての涙ぐましい努力、
本当に伝わって心が痛かったです。

でも最後は素敵な幼稚園に出会えてよかったですね♡

先生だって何かを選択したり、自分の時間を楽しんだり、
自分の事をいたわったり…当たり前のこと当たり前にさせて欲しいですよね!




まぐさん、おしごとお疲れ様でした!

私は千葉市内の幼稚園出身です〜☆
今の季節のお花の名前のところヾ(。・ω・。)

私は母も姉も唯一の幼馴染も現役保育士をしてて(千葉市の保育園です)毎回職場のグチ(笑)なんかもたーくさん聞きますが子供たちを見てるだけだと思ったら大間違いでそれ以上にいろんな仕事があって大変そうです(>_<)

いろんな職場を渡り歩いてのまぐさん!
今の職場はすばしさがとっても伝わってきました☆☆
目立たないけど堅実です。って大事ですね!!

改めておつかれさまでしたヽ(。>▽<。)ノ

★COCOさん

うわぁ、そうだったんですね・・・
お姉さんの気持ち、わかるなぁ。

協力的な人、そうでない人、前にですぎる人、ネグレクトな人...いろいろいました。

大体はみんないい方なんですけどね。

COCOさんがお姉さんを見ていられないって思った気持ち、多分ウチの家族もそう思っていたのかもしれません。
父なんかは、私が一年目に勤めていた園の頃は、こんなになるなら、就職の後押ししてやるんじゃなかったって、母にもらしてたらしいですw

ただ体調は、その謎の鼻血以外では目立ったこともなく、健康的に過ごせていたので、鼻血の頃はよっぽどストレスだったんだろうなぁと思いますw

この職だけではないですけども、簡単に取れる国家資格なので、人間的な権利とかも軽んじてみられてるのだろうなとは思うのです。
そのあたり、国がなんとかしてくれないかなぁ、って願ってはいたんですけどね。


今日は今のクラスの子達の写真を印刷してきたんですが、それだけでもう泣きそうです。早い早いww

★アポロさん

コメントありがとーございます!!

千葉市内!お隣ですね!
きっと研修でも顔合わせてるなぁ(*^_^*)

保育園は幼稚園より需要がある分、多分ものすごい大変じゃないかなー。子どもの数も多いだろうし。
それに、今は幼稚園も保育園もやってることは変わらないし、子どもを預かる時間が長いから...保育士の先生は苦労が絶えないように思います。
お母様はそんな中アポロさんやお姉さんを育てたんですね。私は無理です(笑)

幼稚園の保護者は、どっちかというと過保護傾向なんですが、保育園の先生に話を聞いたら、その逆のネグレクト傾向の親御さんが多いとか。それはそれで大変だって言ってましたしね。

共通して言えるのは、子どものために働く、そのことを考えて仕事をする。そして、それによって子どもも笑顔になり、自分も楽しくいられる。そこですよね。


保護者や子どもたちには伝わりづらいんですが、根っこのところはかなり堅実にやってるところだと思います。保守的と言われればそれまでなんですけど^_^;

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。